ビーズミル、3本ロールミル、湿式粉砕受託加工、押出成形付帯装置のアイメックス

menu
HOME > 技術情報 > 諸因子~ビーズミルの処理は強度と頻度で決まる~

技術情報

諸因子~ビーズミルの処理は強度と頻度で決まる~

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
諸因子~ビーズミルの処理は強度と頻度で決まる~

ビーズミルの処理は「頻度」と「強度」で決まる


頻度と強度

ビーズミルの処理を考えた時に重要なワードは「頻度」と「強度」です。
基本的にこの2つの組み合わせ、掛け合わせで結果が決まります。

「頻度」は主にビーズの充填率・周速・ビーズ径、「強度」は主にビーズ径・ビーズの密度・周速に依存します。他にもスラリーの配合、前処理の条件にも大きな影響を受けます。ビーズミル処理を成功に導くためには、いかに処理に必要な「強度」を確保できるかということが重要になります。充分な「強度」を確保した上で「頻度」を増やせれば、効率が向上します。しかし、注意しなければならないのは、過度な「強度」が悪影響を及ぼすという点です。何事もやりすぎは禁物ということです。

結果に影響するほぼ全ての因子が「強度」と「頻度」どちらにも影響します。そこがビーズミルの難しいところです。例えば「強度」を下げるようパラメーターを1ついじると「頻度」も同時に下がってしまうので、その失った頻度をどこで補うか、考えなければなりません。因子の数は多くありませんが、このようにバランスを取りながら調整をしていく作業がビーズミルの条件出しの難しい点になります。

まとめ

重要なこと

1.処理に必要な強度を確保する
2.充分な強度を確保の上、頻度を増やすことで効率が向上する
3.過度の強度が悪影響を及ぼす

結果に影響する因子

■ビーズ径
強度、頻度、到達限界径
■ビーズ材質
コンタミネーション、強度
■ビーズ充填率
強度、頻度
■ディスク周速
強度、頻度
■吐出量(流量)
頻度(ミル内滞留時間)、強度にも影響
■ミル形状
強度、頻度
■処理液配合
強度、頻度


これで「第1章ビーズミルイロハのイ」は終わりです。
次回から、より実践的な内容になる「第2章ビーズミル使用時の条件設定」を公開していきます。
是非ご覧ください。


■ 次の記事「2-1.ビーズミル使用前におさえておきたい3つのポイント」≫

■ 前の記事「1-6.プレミキシング」≫

■ 記事一覧ページへ ≫
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お問い合わせお待ちしております

■ 製品の詳細な仕様が知りたい ■ 処理テストをしてみたい
■ 製品の概算価格が知りたい ■ レンタルをしてみたい
■ とにかく話を聞いてみたい ■ 処理実績があるか聞いてみたい

電話でのお問い合わせ

東京営業部:048-930-6140
大阪営業所 : 06-6338-6551

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせはこちらから