ビーズミル、3本ロールミル、湿式粉砕受託加工、押出成形付帯装置のアイメックス

menu
HOME > 技術情報 > ビーズミルの処理条件を調整しよう

技術情報

ビーズミルの処理条件を調整しよう

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ビーズミルの処理条件を調整しよう

まず、ビーズミルの処理条件を考えるにあたり、2つのキーワード「強度」・「頻度」をおさえておきましょう。
条件調整の考え方としては、
「頻度:分散・粉砕処理の確率。ビーズから受ける仕事の量」
「強度:ビーズから受けるエネルギー。ビーズから受ける仕事の質」
この2つの組み合わせで結果が決まります。充分な「強度」を確保した上で「頻度」を増やせれば、効率が向上します。

詳しくは、こちらを参照してください。1-7.諸因子~ビーズミルの処理は強度と頻度で決まる~

ビーズミルの処理の難しさは、1つの条件変更がほぼ全てのパラメーターに影響するところです。かつ、それぞれのファクターが「頻度」「強度」どちらにも影響する所が一番難関です。多くの場合、ある条件変更が結果に与える影響を考慮して、複数条件の調整が必要なケースが多くなります。そしてその度合いが処理物によってことなります。

以下にビーズミル処理をする際、調整できる因子と、結果として現れてくるパラメーターを示します。
「強度・頻度」は文字の大きさが大きい方が主に影響するという点を表しています。

調整できる因子とパラメーター

例えば固形分濃度を上げた場合、粘度が上昇するのでそれに合わせてビーズ径を大きくすることが必要になるかもしれません。更には、発熱を抑制するために周速も下げる、というように、1つのパラメーター調整だけでは上手くいかないことが多いので、第2・第3の手が必要になってきます。

充分な「強度」を確保し、かつどれだけ「頻度」を増やせるかがポイントですが、過度な強度は悪影響になることもあるので注意が必要です。




■ 次の記事「2-5.ビーズミル初検討の実際例」≫

■ 前の記事「2-3.スラリー配合の模索」≫

■ 記事一覧ページへ ≫
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お問い合わせお待ちしております

■ 製品の詳細な仕様が知りたい ■ 処理テストをしてみたい
■ 製品の概算価格が知りたい ■ レンタルをしてみたい
■ とにかく話を聞いてみたい ■ 処理実績があるか聞いてみたい

電話でのお問い合わせ

東京営業部:048-930-6140
大阪営業所 : 06-6338-6551

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせはこちらから