ビーズミル、3本ロールミル、湿式粉砕受託加工、押出成形付帯装置のアイメックス

menu
HOME > 技術情報 > 1-2.ビーズミルの分類~撹拌構造とビーズ分離方式~

技術情報

1-2.ビーズミルの分類~撹拌構造とビーズ分離方式~

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
1-2.ビーズミルの分類~撹拌構造とビーズ分離方式~

ビーズミルの分類~撹拌構造~

弊社のビーズミルNVMはディスク型ですが、その他にもピンカウンター・ピン型、アニュラーギャップ型と呼ばれるミルがあります。
撹拌構造

ピン型は、ディスク型と比較するとエネルギー密度が高い、つまり粉砕力が強いという特長があります。それに伴い発熱と摩耗は多くなります。
アニュラーギャップ型は、更にエネルギー密度が高くなるため、ディスク型、ピン型よりも発熱・摩耗が多くなります。スケールアップが難しいという通説もあります。処理が行われるのは、ローターの外側で、大型機でも外側でのみ処理が行われるというイメージです。つまり、良い結果をもたらす領域の体積が稼ぎづらいので、スケールアップ性が高くないと言われています。発熱の制御もスケールアップすればするほど難易度も増します。ローターが大型化する傾向もあるので、セラミックで作っているとコストが上がる、というデメリットもあります。

ビーズミルの分類~ビーズ分離方式~

ビーズミルをビーズ分離方式で分類すると以下の表のようになります。

構造 ビーズ分離方式
【参考AIMEX機】
概略図 対応ビーズ径目安 長所 短所
連続式

竪型
or
横型
ギャップセパレーター
ビスコミルNVM
 ギャップセパレーター概略図 φ0.3~2.0mm ・高粘度対応
・確実なビーズ分離
・目詰まりなし
・最大吐出量はスクリーンに劣る
・小径ビーズ不可
遠心分離
Neo-アルファミル
遠心分離 φ0.03~0.3mm ・小径ビーズ対応
・目詰まりなし
・ビーズ流出リスク
スクリーン スクリーン概略図 φ0.1~2.0mm ・幅広いビーズ径に対応
・開口面積大=大吐出
・確実なビーズ分離
・スクリーン目詰まり
・スクリーンは金属製
バッチ式 底部スクリーン
or
別工程分離
イージーナノ
別工程分離外略図 ~φ2.0mm ・処理ムラが少
・条件出しが容易
・メンテナンスが容易
・トラブル率圧倒的に低い
・生産効率低

連続式におけるビーズ分離で分類すると、ギャップセパレーター、遠心分離、遠心スクリーンの3つに分けられます。
メリットデメリットありますが、最大の特徴は、「使えるビーズ径の目安」です。
遠心分離式が一番小さいビーズまで使用できます。また、目詰まりもありません。
遠心スクリーンは、スクリーンが回転して遠心力で目詰まりを防止しています。幅広いビーズ径を使えますが、スクリーンの目詰まりが問題となります。さらにスクリーンが基本的に金属で構成されることが多いため、コンタミの問題とどう付き合うかがデメリットと言えるでしょう。

バッチ式は、別工程でビーズ分離を行うため、ビーズ径の下限はありません。スクリーンの目開き次第となります。


■ 次の記事「1-3.ビーズミルの運転方式選定~メリットとデメリット~」≫

■ 前の記事「1-1.ビーズミルの構造と処理可能粒子範囲」≫

■ 記事一覧ページへ ≫

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お問い合わせお待ちしております

■ 製品の詳細な仕様が知りたい ■ 処理テストをしてみたい
■ 製品の概算価格が知りたい ■ レンタルをしてみたい
■ とにかく話を聞いてみたい ■ 処理実績があるか聞いてみたい

電話でのお問い合わせ

東京営業部:048-930-6140
大阪営業所 : 06-6338-6551

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせはこちらから