ビーズミル、3本ロールミル、湿式粉砕受託加工、押出成形付帯装置のアイメックス

menu
HOME > 技術情報 > ナノ分散の事例~粘度とビーズ径の関係~

技術情報

ナノ分散の事例~粘度とビーズ径の関係~

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ナノ分散の事例~粘度とビーズ径の関係~

粘度とビーズ径に注目


使用機種 アルファミルAM-20L型
連続式ビーズミル
処理物 酸化チタン・炭酸バリウム
ビーズ φ0.1mmジルコニアビーズ
周速 11m/s
粘度 100mPa・s以下
使用機種 アルファミルAM-03S型
連続式ビーズミル
処理物 カーボンブラック
ビーズ φ0.3mmジルコニアビーズ
周速 11m/s
粘度 約500mPa・s
酸化チタン・炭酸バリウムのグラフ
カーボンブラックのグラフ

この2つの処理事例から、粘度が上がるとビーズ径も上げていることが分かるかと思います。右側のカーボンブラックの事例では、粘度が500mPa・sあるため、ビーズ径はφ0.3mmを使用しています。高粘度処理の場合、φ0.1mmではビーズ分離が難しく、ビーズの運動エネルギーロスによる強度低下が懸念されるからです。




■ 次の記事「3-4.ナノ分散の失敗事例とその対策~粗大粒子残存~」≫

■ 前の記事「3-2.ナノ分散の事例~分散剤量の検討~」≫

■ 記事一覧ページへ ≫
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お問い合わせお待ちしております

■ 製品の詳細な仕様が知りたい ■ 処理テストをしてみたい
■ 製品の概算価格が知りたい ■ レンタルをしてみたい
■ とにかく話を聞いてみたい ■ 処理実績があるか聞いてみたい

電話でのお問い合わせ

東京営業部:048-930-6140
大阪営業所 : 06-6338-6551

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせはこちらから