ビーズミル、3本ロールミル、湿式粉砕受託加工、押出成形付帯装置のアイメックス

menu
HOME > 技術情報 > 分散の3要素とビーズミルの役割

技術情報

分散の3要素とビーズミルの役割

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
分散の3要素とビーズミルの役割

分散の3要素

分散の3要素とは、「濡れ」「解こう」「安定化」です。大気中に存在している粒子というのは、基本的には1次粒子単体では存在せず、粉の周りには液体やガスが付着しています。それらが固まって二次粒子に凝集します。
分散をするためには、それらをまず濡らします。「濡れ」とは、粒子表面についている液体やガスを濡らす溶媒で置換して、取り除いて、凝集体をふやかすことを言います。充分に濡れたら、ここに機械的エネルギーを加えて1次粒子にほぐします。これは「解こう」と言われているステップになります。一次粒子まで解いた状態を維持することが「安定化」であり、分散剤の作用等で再凝集を防止し、分散状態を維持させます。

分散の3要素

3要素のうち、「解こう」という操作がビーズミルの役割となります。また、過度の強度を与えてしまうと「安定化」が損なわれていわゆる過分散の状態になるので注意が必要です。




■ 次の記事「1-5.濡れと表面張力」≫

■ 前の記事「1-3.ビーズミルの運転方式選定~メリットとデメリット~」≫

■ 記事一覧ページへ ≫
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お問い合わせお待ちしております

■ 製品の詳細な仕様が知りたい ■ 処理テストをしてみたい
■ 製品の概算価格が知りたい ■ レンタルをしてみたい
■ とにかく話を聞いてみたい ■ 処理実績があるか聞いてみたい

電話でのお問い合わせ

東京営業部:048-930-6140
大阪営業所 : 06-6338-6551

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせはこちらから