ビーズミル、3本ロールミル、湿式粉砕受託加工、押出成形付帯装置のアイメックス

menu
HOME > ビーズミル > 攪拌構造と粉砕室の向きについて(ビーズミル)

攪拌構造と粉砕室の向きについて(ビーズミル)

ビーズミルは、攪拌構造(アジテーター)を高速回転することにより、運動エネルギーを得たビーズがスラリー中の砕料粒子を捕捉し、粉砕・分散する装置になります。攪拌構造(アジテーター)の形状によって粉砕・分散力が変化します。また、ベッセル(粉砕室)の向きによって操作性が変わります。攪拌構造(アジテーター)の形状やベッセルの向きについて各種特徴をまとめました。

 

攪拌構造(アジテーター)について

攪拌構造とは、ベッセル(粉砕室)内に充填されたビーズとスラリー中の砕料粒子を攪拌する部分です。攪拌されたビーズが砕料粒子に作用し、ずり応力、せん断応力、摩擦力、衝撃力、またはビーズとビーズの間に生まれる流体力によって粒子が粉砕・分散されます。攪拌構造には様々な形状があり、粉砕力・分散力に差が出てきます。以下攪拌構造の違いによる特徴をまとめました。


 

攪拌構造 ディスク型 ピン型 アニュラ―型
 図 ディスク型 ピン型 アニュラ―型
特徴
  • 形状が自由自在
  • 摩耗した部分のみの交換が可能
  • 大型化が容易
  • ディスク型よりも粉砕力が強い
  • ピンとピンを狭めることで粉砕エリアを狭くでき、強い粉砕が可能
  • ピン(突起物)の摩耗で粉砕性能に変化がある。
  • ディスク、ピン型よりも粉砕力が強い
  • ローターとベッセル(容器)の隙間が一様に狭く、強い粉砕力を得られる。
  • 他と比べ発熱、摩耗が著しく多い。
  • ローターが大きくセラミックコストが他と比べ高い

アイメックスではディスク型を採用しています。イージーナノニュービスコミルスタートラボで採用されているピン付きディスクは、低周速でも十分な粉砕力があり発熱を抑えることができます。一方で、Neo-アルファミルに採用されているΔVディスクは、小径ビーズを効率よく撹拌できるよう設計しています。

 

 

ベッセル(粉砕室)の向きについて

ベッセルとは、ビーズが充填される場所です。ベッセルの向きには竪型と横型があります。
竪型と横型、それぞれの特徴を以下にまとめました。

 

構造 竪型 横型
ビーズミル(竪型) ビーズミル(横型)
特徴
  • ベッセル、アジテーターの取り外しに工夫が必要
  • ビーズ自重により高い粉砕力が得られる。
  • アジテーターの回転、流量によりビーズの挙動が制御しやすい
  • ビーズ交換が容易
  • ベッセル、アジテーターの取り外しが容易
  • ビーズ自重の影響が少なく充填率を高めやすい。
  • スラリー入口に逆止弁が不要
当社機種 Neo-アルファミル
サンドグラインダー
イージーナノ
ニュービスコミル
スタートラボ

ビーズミル関連ページ

お問い合わせお待ちしております

■ 製品の詳細な仕様が知りたい ■ 処理テストをしてみたい
■ 製品の概算価格が知りたい ■ レンタルをしてみたい
■ とにかく話を聞いてみたい ■ 処理実績があるか聞いてみたい

電話でのお問い合わせ

東京営業部:048-930-6140
大阪営業所 : 06-6338-6551

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせはこちらから